勤怠管理はフリーソフトを導入してシステム化しよう!

勤怠管理はフリーソフトを導入してシステム化しよう!

勤怠管理とは、サラリーマン、アルバイトなどの働く人の勤務状況を把握するための帳簿です。

出勤時間、退社時間の把握はもちろん、欠勤、早退、遅刻などの管理などを行います。

昔は、この記録をタイムカードで行っていた会社が大半でした。

朝、出勤してタイムカードをタイムレコーダーへ差し込んで、帰りには、同じくタイムカードを挿入ということで働く人の仕事の時間管理をしていました。

しかし、この方法で行う場合、本当に正確ではありません。

タイムカードを本当に本人が押したかたどうかは、わかりませんし、よくある話しが、あとで書きかえた、あるいは退社時間に関しては、帰る時間だけあわせておくといった正確でない方法だったのです。

また、タイムカードの場合、勤務時間を手計算しないといけないので手間はかかりますし、計算間違いということも考えられます。

そこで最近、導入している企業に多いのが勤怠管理システムです。

インターネットを経由して完全にシステム化して勤怠管理をASPを通して利用する方法です。

この方法であれば、自動計算されるので計算間違いはありませんし、自分で入力する方法で他人に頼むこともできません。

ID番号で管理されるので他人の勤怠に触れることができないのです。

また大手企業であれば、日替わりで勤務場所が変わったとしても、インターネット経由ですので、ID番号さえ間違わなければ世界中のどこからでもアクセスできます。

しかし、勤怠管理システムは高額の場合が多いです。

そこで、おすすめなのが勤怠管理のフリーソフトです。

インターネット上にあるフリーソフトを自社のパソコンへダウンロードして行う方法です。

フリーソフトですので、お金は掛りませんし、ソフトも手に入りやすいです。

インストール方法も難しくないですし、インターネットがつながっていれば、勤怠管理システムと同じぐらいの内容はあります。

フリーソフトとASPを利用する方法の違いは、自分で行うのと他人が行ってくれるとの違いです。

中小企業であればフリーソフトで問題ないでしょう。

勤怠管理とは、サラリーマン、アルバイトなどの働く人の勤務状況を把握するための帳簿です。

出勤時間、退社時間の把握はもちろん、欠勤、早退、遅刻などの管理などを行います。

昔は、この記録をタイムカードで行っていた会社が大半でした。

朝、出勤してタイムカードをタイムレコーダーへ差し込んで、帰りには、同じくタイムカードを挿入ということで働く人の仕事の時間管理をしていました。

しかし、この方法で行う場合、本当に正確ではありません。

タイムカードを本当に本人が押したかたどうかは、わかりませんし、よくある話しが、あとで書きかえた、あるいは退社時間に関しては、帰る時間だけあわせておくといった正確でない方法だったのです。

また、タイムカードの場合、勤務時間を手計算しないといけないので手間はかかりますし、計算間違いということも考えられます。

そこで最近、導入している企業に多いのが勤怠管理システムです。

インターネットを経由して完全にシステム化して勤怠管理をASPを通して利用する方法です。

この方法であれば、自動計算されるので計算間違いはありませんし、自分で入力する方法で他人に頼むこともできません。

ID番号で管理されるので他人の勤怠に触れることができないのです。

また大手企業であれば、日替わりで勤務場所が変わったとしても、インターネット経由ですので、ID番号さえ間違わなければ世界中のどこからでもアクセスできます。

しかし、勤怠管理システムは高額の場合が多いです。

そこで、おすすめなのが勤怠管理のフリーソフトです。

インターネット上にあるフリーソフトを自社のパソコンへダウンロードして行う方法です。

フリーソフトですので、お金は掛りませんし、ソフトも手に入りやすいです。

インストール方法も難しくないですし、インターネットがつながっていれば、勤怠管理システムと同じぐらいの内容はあります。

フリーソフトとASPを利用する方法の違いは、自分で行うのと他人が行ってくれるとの違いです。

中小企業であればフリーソフトで問題ないでしょう。

wholesale jerseys China cheap nba jerseys cheap jerseys cheap nfl jerseys

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です