勤怠管理フリーソフト導入の背景には労働基準法があります

勤怠管理フリーソフト導入の背景には労働基準法があります

勤怠管理の重要性が増した原因には、平成22年4月1日から施工された労働基準法の改正にあります。

この改正では、時間外労働の削減と有給休暇の有効活用が大きなポイントとなりました。

 

以前は、時間外労働については、一応決められていましたが、各々の会社で時間外労働の基準を定めてという形が多かったです。

しかしながら、この改正により、賃金、時間がきちんと定められたので企業側も木をつけるようになったのです。

 

そこで大切なことが、勤怠管理です。

勤怠管理フリーソフトを導入して時間外労働をきちんとしていこうというのです。

昔よくあったケースは、手書きの残業届に記入して上司の印鑑を押して行う方法です。

しかし、この方法では、後で計算するのは大変ですし、入力ミスがあっては給料にも影響がでます。

その点、勤怠管理フリーソフトの場合、自分でパソコンに入力するので、自分が間違わなければミスはありませんし、給料計算もソフトと連動させておけば間違いなく計算されます。

 

また有給休暇についても、勤怠管理フリーソフトを利用して入力すると、きちんと反映されるので自分が後、何日、有給休暇が残っているかも分かります。

 

勤怠管理フリーソフト、勤怠管理システムの数が増えたり、ホームページ上でたくさん紹介されるようになったのは、労働基準法の改正があった後からです。

多くのフリーソフトの場合、CSV出力もできるので、労働基準局から書類の提出を要求された場合もすぐに書類が整いますので問題ありません。

wholesale nba jerseys wholesale jerseys cheap nba jerseys

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です