勤怠管理フリーソフトのクラウド型を詳しく解明!

勤怠管理フリーソフトのクラウド型を詳しく解明!

勤怠管理フリーソフトをインターネットで検索すると一般的な圧縮・解凍などのようなソフトも出てきますし、クラウド型フリーソフトといった違うタイプも出てきます。

 

今回は、クラウド型フリーソフトを少し詳しく紹介します。

クラウド型フリーソフトは、ASPと似ていると考えたら良いです。

簡易フリーソフトよりも進んでいてサービス支援のあるフリーソフトです。

 

勤怠管理はもちろん経営分析、情報をすばやく共有、グラフで会社の現状を把握などの多くのサービスが含まれています。

簡易フリーソフトのように完全無料ではありませんが、勤怠管理システムのように数十万といったお金を支払わなくても良いので予算に少し余裕があるのであれば利用した方が良いでしょう。

クラウド型の場合であれば、アプリケーションのバージョンアップは必要ありません。

インターネットに接続できさえすれば、どこからでもアクセスできます。

つまり、いつでも最新のソフトを利用できるといったイメージです。

社員の数によって金額も変更できますし、数はIDによって管理できるので個人ごとの管理も問題ありません。

 

しかし、デメリットもあります。

データが、クラウド側へすべてあるので、ネットワークの混乱がおきてしまうと何も操作ができないのです。

簡易フリーソフトの場合であれば、すべてが手元つまり自社にあるのでパソコンウィルスに感染しなければ通常の操作はできます。

あくまでネットワークがきちんと動いていてこそ動作します。

 

このようにデメリットもありますが、いつもネットワークに障害が出るとは限りませんし、データが消えるわけではありません。

勤怠管理を自社ですべて行うことが大変と感じている企業であれば、まず検討されると良いでしょう。

お試し期間は無料といってソフトもあるので気軽に利用されてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です